スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元社員が語る、カード審査の「総合的に判断した」とは? 

■不幸の手紙に書いてある総合的に判断したとは?

オリコがよく使う「総合的判断」という文言ですが
確かにオリコの使っている信用情報機関はCICとJICCのみです。
それは間違いありません。

ですから「その他の外部情報」というようなものはありません。

銀行の出入金情報等というようなことは、
オリコをはじめ信販会社はもちろん、おそらくは銀行系カード会社(例:三井住友カード)でも
分からないのではないでしょうか。個人情報の機密漏洩も甚だしいことですからね。
では「総合的判断」とは何を指すかというと、

『審査というものは「オリコ(自社)の利用実績」「CIC・CCBの情報」のみではない』

と言うことですね。例えば自宅の住所は正しいかとか、勤務先に書かれている会社は本当にあるのか、
どのような会社なのかとか(こうしたことを「裏付け」といいます)、とかですね。
他にも色々あるのですが、あまり書くとまずいような気もしますね(笑)

結論として、「総合的判断」とは、

『外部情報(CIC・JICC)を含めた、オリコが現在までに培った
「与信ノウハウ」による様々な判定・判断と言うことになります。』


またオリコは、他社と比較して自社情報の蓄積が大きいと思うんですね。
ですから「JICCも、さらにCICにも最悪頼らなくても」それなりの精度の与信が出来ると思います。

【関連記事】
>>ANA・アメックス特有の審査基準
>>アメックスの審査は甘いと言われる理由
>>芸能人・有名人のクレジットカード
>>クレジットカード番号一覧(最初の6桁)
>>カード審査合否結果
>>クレジットカードステータス格付け
>>クレジットカード審査難易度
>>銀行カードローンの審査難易度
>>スレ数で見るクレジットカード人気ランキング
>>借金ブログランキング







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。